ワンルームマンションを希望通りの値段で売却する方法

女性

仲介を依頼するときは

積み木

ワンルームマンションを売却するときは、多くの方が不動産会社に仲介をしてもらい買い主を探しています。仲介では、不動産会社がワンルームマンションの宣伝・広告をして買い主を探します。仲介を依頼する場合、不動産会社と媒介契約を結ばなくてはいけません。契約方法には、一般媒介契約契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。一般媒介契約では、複数の会社が買い主の募集をします。複数の会社が競合する形での売却なので、確実に収益を見込めないと不動産会社も営業に力を入れてくれないことも予想されます。ですので、すぐに買い主の見つかる人気エリアのワンルームマンション売却に向いている方法です。また、自己発見取引も認められており、自分で売り主を見つけることもできます。専任媒介契約は、1社と契約を結ぶ方法です。収益の見込みがしっかりと立つので、会社側に売却に向けて営業努力をしてもらいやすい方法だと言えます。こちらも自己発見取引が可能です。契約を結んだ後は、(レインズ)不動産指定流通機構へ掲載することが義務となっています。このシステムは全国の不動産会社と物件の情報を共有するシステムなので、より売り主を探しやすくなります。専属専任契約は、売り主探しを1社に任せて自己発見取引が禁止されている契約方法です。こちらもレインズへの登録外務付けられています。他社とは契約を結んでいないため、販売活動には力が注がれる傾向があります。広告などの掲載は一般媒介契約よりもがこちらの物件が優先されます・ワンルームマンションの売却で不動産会社と仲介契約を結ぶときは、それぞれの違いを把握して自分に合った契約方法を選ぶことが大切です。